SERVICE

サービスについて

専門サイト戦略

チームアウル では『専門サイト戦略』を主軸とした、エッヂの効いたWebマーケティングを推奨させていただいております。これまでのような「どんぐりの背比べ状態」から脱却し、抜きんでた戦略とその効果を実感できるはずです。

チームアウルの『専門サイト戦略サービス』

チームアウルは「専門サイト戦略」のエキスパートチームです

わたしたち「チームアウル(TEAM OWL)」は「専門サイト戦略」を核としたサービス展開を図っています。「チームアウル(TEAM OWL)」の中核を担うスタッフは、ウェブマーケティングを主体とした事業を行うこれまでのキャリアにおいて、いち早く専門サイト戦略を立ち上げ、数々の実績を積み重ねてきました。
そして時代のニーズが追いつき、まさに専門サイト戦略に向かおうとしている今、多くのお客様のご要望に対して、より一層、先鋭・特化した体制でそのニーズにお応えするため、また、そのようなことを専門に行う企業が皆無と言っても良い状況から、「チームアウル(TEAM OWL)」を結成しました。
もう公式サイトだけに頼り成果を求める時代は終わりました。検索者は欲しい情報だけを選んで閲覧したいのです。時代に対応したWEB戦略が必須と言えます。
この「専門サイト戦略」は、一般企業、医療機関、店舗などあらゆる業種に適用することができ、また大きな成果が期待できます。
「チームアウル(TEAM OWL)」は『専門サイト戦略のパイオニア』として、スタッフの培ってきた経験、ノウハウをあますところなく投下し、日々の検証、さらなる研究によりブラッシュアップをかけ、高度な専門サイト戦略に取り組んでいます。

近年の「WEB戦略」の現状

今は以前とは違い、どこも公式サイト(総合ホームページ)を持っており内容もしっかりしてきていますが、同業種で比べた時に、どこも似たり寄ったりの傾向があり差別化が難しくなってきています。
これが一昔前はちゃんとした公式サイトがあまりなかったので、少し作りこんだだけで差別化を図ることができましたが、今はどこも一定のクオリティがあり内容もある程度決まってきていますので、余計にそこそこの特徴を出すのが難しく、デザイン合戦のようになってしまって、本来「ホームページを持つにいたった本来の目的」を見失うことになってしまっているケースすら多くあるのです。

「専門サイト戦略」とは何か

そのような中、ある特定の分野(採用募集、特定のサービス、特定の外来、特定の商品など)において、他との差別化を図り、確認段階で流入してきた閲覧者に対し、他との圧倒的な優位性をより効果的にアピールして目的を達成するため、公式サイトとは全く別に、独自のドメインで、ある特定の分野などにおけるサイトを構築し、インターネット上に公開、確認段階に備える戦略のことを、わたしたちは「専門サイト戦略」と定義しています。
専門サイト戦略では、公式サイト(メインサイト)との連携や、各種媒体への露出などの広告戦略(発見段階の戦略)などにより、より大きな効果を得ることができるのです。

「専門サイト」とは何かを知るために「公式サイト」について知る

では「専門サイト」とは何かということと並行して「公式サイト」について知る必要があります。「公式サイト」には明確な定義があるわけではありませんが、ここでいう公式サイトとは、「公式」「非公式」の意味合いももちろんのこと、まず初めに公開する、その企業や団体などの主たるサイト=「メインサイト」という意味合いです。「公式サイト」は「メインサイト」ですので(もちろん例外はありますが)一般的には、そこそこの全ての情報が掲載されます。例えば企業の場合は、ご挨拶、会社概要、沿革、商品・サービス、関連企業、関連企業の商品・サービス、採用情報、お問い合わせ、などといった具合です。それゆえ「膨大な情報量」になったり、または「広く浅く」情報が掲載される傾向があります。基本的に公式サイトはそういうものですが、そのため、特定の情報をアピールしたりするには、エッジが効かなくなります。

専門サイトとその目的

専門サイトの目的は「公式サイト」=「メインサイト」=「総合ホームページ」=「全般的な情報提供ツール」では担えない、特定の分野・内容に「特化」したコンテンツによって、「確認」しにきた検索者・閲覧者に対して大きなインパクトを与え、「効果」や「利益」、もっと細かく言えば、「来店してもらうこと」「来院してもらうこと」「お問い合わせをしてもらうこと」「購入してもらうこと」「選んでもらうこと」、「第一候補に入ること」などの目標を達成することです。
専門サイトでは、確認しに訪れた、検索者・閲覧者に対し、公式サイトでは難しい、より「専門的である」「精通している」「力を入れている」という印象を抱いてもらい、専門サイトを持たない他との明確な差別化を実現します。